外壁塗装を行う場合に注意しなければいけないこと

一番安かった業者に外壁塗装をお願いしたが間違いだった

外壁塗装外壁塗装

試算では状態の酷い部分だけを修繕して後は以前の塗装に合わせるように色を調合すれば見た目は問題ないと言っていて、壁そのものが腐食で老朽化していることについては言及しません。
こちらも外壁塗装に関する知識がなく、専門家の言うことだからとそのまま行ってもらうことにしました。
この業者は悪くなった部分を金属製のヘラのようなものでこそぎ取ると、そこを水洗いをしてゴミなどの異物を取り除き、乾燥すると防腐剤を吹きかけて塗装をするという方法で作業を終えました。
他の三つの業者の説明ではもっと工程があるように聞いていたので、あまりにあっさりしているという印象を受けます。

戸建ての方や外壁塗装を考えている人必見です🧐
外壁が変色してきたら塗替えをするのか?是非コラムをチェックしてください👩‍💻https://t.co/9UVKL9Ggvd @さんから#外壁塗装 #塗装業者 #塗り替え #外壁 #塗装 #髙橋工業 #東京 #墨田区 pic.twitter.com/GRr4qOb2sA

— MIKI (@miiikiii07) 2019年6月21日
しかし完成したものは以前の塗装と新たに塗り直したところで色合いに違和感はありましたが、妥協できる範囲であったのでそれで終了しました。
高い費用を請求してきたところは無駄に費用を取るだけだったのだと自分の判断に納得したのですが、それが間違いだとわかったのは半年後であり、修繕してもらった部分の外壁塗装の色が薄くなっていき、壁が腐食していると言われた部分は状況がもっと悪くなってでこぼこになり、それが塗装面にそのまま出てしまいます。
その変形したところは乾いた塗料が剥がれることになり、時間の経過でひび割れができてしまっていました。

台風による被害で外壁塗装を決め三つの業者に試算依頼 / 一番安かった業者に外壁塗装をお願いしたが間違いだった / 多くの業者が示した方法を選ぶべきだった